JavaとJavaScript の違いとは【20回】

「Java入門」講座にご興味ある方はこちら。次回は9/11(月)12(火)開催です。

java%e3%81%a8javascript-%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%af

JavaとJavaScript の違いとは
ビジネスパーソンのためのプログラミング講座【第20回】


プログラミング言語の中でもJavaJavaScriptは有名ですね。
この2つ、名前は似ていますが実は全く異なる言語なのです。
今回は両者の違いについてご説明いたします。


■Javaとは
Javaは1995年にSun Microsystemsによって開発されたプログラミング言語です。
Javaは大規模システム開発やアプリ開発などが出来ます。
数あるプログラミング言語の中でもシェア1位となっており、人気のある言語です。

Javaは「JVM」というJava仮想マシンで動きます。
Java仮想マシンさえ動けばJavaは動くので、どのようなコンピュータ上でも利用が出来るというメリットがあります。

また、他の特徴として「オブジェクト指向」という考え方があります。
オブジェクトとは“モノ”のことで、意味づけた“モノ”を作り、組み立ててプログラミングします。
これは実際に触れてみないと分かりづらいですが、この考え方を理解すれば効率よくプログラミングできます。
Javaで実際にどのようなものが作られるかというと、「業務システム」や「Webアプリケーション」、「Androidアプリ」の開発などがあります。


■JavaScriptとは
JavaScriptはネットスケープ・ナビゲーションズによって1995年に開発されたプログラミング言語です。
JavaScriptはWeb開発・アプリ開発において広く使われている言語です。
JavaScriptが登場する前まではWebサイトにおいても「静的」な表示が多かったですが、JavaScriptを使用することによってブラウザ上で色や表示を変えたり、ポップアップ表示をさせたり、リアルタイムのデータを表示させたりと様々なことが可能になりました。
つまりJavaScriptは動的なブラウザ表示を可能とする言語です。

パソコンだけでなくスマートフォンでも動的なブラウザ表示を可能としています。
AndroidやiOSといったスマートフォンのアプリ開発も可能で、サーバー側のプログラミングも可能としています。


■JavaとJavaScriptの違い
前述のとおり、JavaとJavaScriptは全くの別物です。
どちらも「オブジェクト指向」という点では共通していますが、Javaがプログラミング言語なのに対してJavaScriptはスクリプト言語という簡易的な言語の一種です。

Javaは仮想マシンやブラウザ内で実行されますが、JavaScriptはブラウザ上で実行されます。
Javaはコンパイルが必要ですが、JavaScriptはその必要はありません。

JavaScriptの一般的な形態として、HTMLドキュメント内に記述します。
方法としては
<script>~ここで処理を記述~</script>
といった風に、HTMLの中に動的な処理を埋め込む形です。

例えばとあるオンラインシステムがあるとして、サーバー側で計算など処理を行うのがJavaで、システムを閲覧するクライアント側でシステム画面の表示や入力作業を行うのがJavaScriptです。

サーバーとクライアントという言葉が出てきましたが、サーバーが親機でクライアントが子機と考えてください。
Javaは内部処理、JavaScriptは表面的なデザインや操作性などの部分を担当します。
このような処理はJavaやJavaScriptの主な役割であって、全く他のことが出来ないというわけではありません。
機能の違いだけでなく、プログラミングの仕方も異なります。
Javaにはクラスがありますが、JavaScriptにはありません。
Javaは「静的型付」といってオブジェクトに対しデータ型の指定が必要ですが、JavaScriptは「動的型付」といってデータ型の指定はしません。

それぞれ構造も役割も全く違う言語なので、学習する際は自分の目的と照らし合わせて選択を間違えないようにしましょう。


■まとめ
いかがだったでしょうか。
なぜJavaとJavaScriptの名前が似ているのか理由は定かではありませんが・・・
とにかく違うものだと認識頂けたでしょうか。
汎用性高く本格的なプログラミングを行うのがJavaWebなどで動的な表現を可能とするのがJavaScriptです。
Java講座の詳細はこちら
JavaScript入門講座の詳細はこちら


次回ビジネスパーソンのためのプログラミング講座【第21回】ではRuby、Python、Javaに代表される「オブジェクト指向」の特徴と必要性についてご紹介していきたいとおもいます。
>プログラミング豆知識 記事一覧へ


投稿日: 2016年12月10日

前後の記事

気になることは何でもお気軽にお問合せください。

0120-188-024 受付時間 平日9:00~19:00