7月21日・22日開催『Java入門講座』終了しました!

IMG_2042

■Java講座を終えて

7月21日、22日に開催したJava講座が無事に終了いたしました。
受講いただいた方々、7時間x2日間で合計14時間の集中学習ご苦労様でした!

今回の講座はJava初学者(プログラミング全般の概念をある程度理解している方)向けに設定されたもので、Javaを用いてテキストベースの簡易なアプリケーションが作成できるようになることをゴールにした講座でした。Javaの特徴からはじまり、Javaプログラムの基本構造や基本文法、例外処理やオブジェクト指向の特性などについてひととおり学びますので、初学者の方にとっては相当な情報量があったと思います。本当にご苦労様でした。



■受講者様アンケート

以下講義後のアンケートからの受講者様のご意見をいくつかご紹介します。

『Javaの基礎の基礎から講義していただけてとてもわかりやすく内容を理解することができた』(20代男性)
『グループワークなどが途中にあり考えて発言する機会があったことがより知識の定着につながった気がします』(30代男性)
『理解しやすかった。ただまるっきりの初心者には難しかったので復習をしっかりしたいとおもいます』(20代女性)

貴重なご意見ありがとうございます!
同様のカリキュラムの『Java入門講座』は7月28日(木),29日(金)にもご用意しており、以後も定期開催の標準講座になります。
アンケート結果を参考に、Java講座といえばエパノ、と言っていただけるコンテンツづくりに励みますので引き続きよろしくお願いいたします!

>>エパノのJava研修コースのご紹介はこちら



■法人様のプログラミング研修

なお今回の受講者様は法人様としてお申込みいただいている方がほとんどでした。
企画・営業系で活躍されている若手社員の方々をエンジニアとして教育を施し活躍の幅を広げよう、また外部発注している社内システムを技術者を育成して将来的に内製化をしよう、といった企業様からのオファーが多く見受けられました。今や企業様の教育訓練や研修コンテンツはIT関連が主流になりました。引き続き法人様のIT研修目的でのご利用が多くなると思われます。



■キャリア形成促進助成金の利用

特に情報通信業種の企業様や若年層(35歳未満)の教育訓練をおこなおうとする法人様は『キャリア形成促進助成金』の申請ができます。費用助成として受講費用の半額(大企業の場合1/3)と賃金助成として1名1時間あたり800円(大企業の場合400円)が助成されます。皆様こういった制度を活用して受講されているようです。当校でも申請のアドバイスをしておりますのでお気軽にご相談ください。

※参照:厚生労働省「キャリア形成促進助成金」について



■Java応用講座

来月8月8日(月)・9日(火)にはもうワンランク内容をアップした『Java応用講座』が開講します!
こちらはJSPの基礎からコーディング方法、Apache Strutsの基礎知識からコーディング方法までを学べるレベルアップ講座になっています。『Javaは独学で勉強したことがある』『構文は理解しているがコーディングが不安』といった方々のお申込みをお待ちしています!
>>エパノのJava応用講座のご紹介はこちら

それでは引き続きエパノプログラミングスクールをよろしくおねがいします。



投稿日: 2016年7月26日

前後の記事

気になることは何でもお気軽にお問合せください。

0120-188-024 受付時間 平日9:00~19:00